洗顔石鹸ランキングを見直して敏感肌を治しました

年齢肌のせいで、肌が荒れて敏感肌になっていました。

特に春先になると、寒暖差や紫外線の影響で、肌がガサガサになり、化粧水を付けるとヒリヒリするようになりました。

外出する時は、ノーメイクでマスクをして、紫外線からガードしなければいけないくらい肌が荒れていました。そんな時、肌に負担をかけずに健康な肌に改善するには、洗顔から見直した方がいいと、皮膚科の先生に言われました。

そこで、メビウス製薬のグレース&ルケレシミウスという洗顔石鹸を購入してみました。

この洗顔石鹸は、人の皮脂に一番近いと言われている馬油がベースとなった保湿と肌バリアを保つために作られた石鹸です。馬油に含まれているセラミドは、肌を保湿する成分としてとても馴染みやすく、肌を柔軟に潤してくれる効果があるんです。

しかも、美肌成分が95%も配合されているので、洗顔後に肌がつっぱることがありません。それに、ホワイトクレイが配合されている効果で、毛穴の奥に溜まっている皮脂汚れや、蓄積された古い角質がきれいに取り除かれて、明るい肌に改善することができるんです。

ホワイトクレイには、汚れを吸着する効果だけでなく、クレイに含まれている豊富なミネラル成分によって、シミの原因となるチロシナーゼを抑制する美白効果や、肌のコラーゲン生成を促進効果などがあります。

また、この洗顔石鹸は、保湿成分が限界ギリギリまで配合されているので、あまり泡立たちません。それで最初は、ちょっと物足りないような気がしていたんですが、たっぷりの美容成分で洗い上げるせいか、肌がしっとりしてとても気持ちがいいんです。

毎日、シミウスで洗顔を続けたら、肌の皮脂バランスが正常になってきて、鼻のテカリや毛穴の目立ちが改善されて、潤いのあるモチモチとした明るい肌になりました。お蔭で、今まで使っていたファンデーションの色よりも一段明るいものにファンデーションを変えて、明るい印象の肌になることができました。

洗顔石鹸 ランキング

ヒゲ脱毛はスタンダード?髭の濃さも調整できるんです

女性の脱毛は最早スタンダードな時代になってきました。

男性のヒゲ脱毛も施術している人が増えています。

大阪の難波のような都市部ですと特に男性専用サロンが増えてきていますので、始めようかな?と思うまでの敷居はずいぶん下がったと言えるでしょう。

無料カウンセリングや体験などもできますので、どのような脱毛方法なのか、痛みがあるのか、何回くらい通う必要があるのか、実際どのようなイメージになるのか等は相談ができます。

美容外科では医療レーザーを利用した脱毛施術ができ、多少の痛みはありますが1回あたりの効果が高く、通う回数もだいぶ減ります。

医師の管理下での施術になるので、皮膚が弱いなどの不安がある場合には、特に美容外科での施術をおすすめします。

エステサロンでは医療レーザーよりも出力の低い機器を利用し、光脱毛やフラッシュ脱毛など様々な呼称や機器がありますが、共通しているのは痛みが少ないということです。

また、女性と同じように男性用の美容ジェルを使っての脱毛施術となる為、やはりツルツル感やツヤ・ハリがUP!という付帯効果があります。

男性のヒゲは特に伸びるまでの周期が早く、結局毎朝シェービングをしているという人や、髭を剃ってもどうしても青くなってしまうという青髭に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

朝髭を剃ったのに、夕方頃になると無精髭が生えてきてしまって・・・、となんとなくアフター5でのお出かけ予定前にはシェービングをしてる!という人もいるはずです。

ヒゲ脱毛では、ヒゲの濃かった人もだいぶ薄くなりますし、施術の回数などで髭の濃さを調整することができます。

実際の仕上がりイメージなどを相談しながら施術を勧められますので、自分の希望をしっかり伝えるのは大切ですね。

最近では就活前に髭の濃い大学生がヒゲ脱毛施術を受けるというパターンも増えてきています。

やはり第一印象が大切な部分もある為、どうしても髭が濃いと顔の印象が暗くなりがちです。

費用的にもお手軽な価格になってきていますので、気になっている場合はカウンセリングや体験などを受けてみてはいかがでしょう。

難波 ヒゲ脱毛

自動運転よりももっと怖い乗っ取り運転

インターネットに繋がる自動車が、遠隔操作されると言うことで、アメリカで大規模なリコールをされているそうです。

ハッカーの攻撃によって、走行中の車を遠隔操作で「乗っ取る」ことが出来るとネットで公開され、安全性が問題視されるようになりました。

アメリカだけの問題ではありませんし、これからの日本でもありうることですので、一刻も早い段階で乗っ取り出来ない車か、ネットに繋がない車のどちらかにして欲しいなと思いますね。

パソコンでもインターネットでもそうですが、乗っ取りが実際にあるという事実から伝えるできことで、その犯人を捕まえることも重要です。

ネットに繋がらなくても車の運転は出来るし、携帯やパソコンがあるので車の中でも大丈夫だと言えないのでしょうか。

ネット社会とは言いますが、それほどネットが大事になることもないと言えます。

さらに問題だと言えることが、日本で発売されている車の多くは、160キロ~180キロ走行が出来る車がほとんどです。

一般の道路を走っている時に、100キロ以上の走行をすることはありませんし、高速道路での運転も100キロ以上は出してはダメとなっているはずなのです。

では、どうして100キロ以上出る車を販売して良いことになっているのでしょうか。

問題は100キロを超える自動車を売ってはいけないようにすること、買ってはいけないようにすること、作らないようにすること、これが基本の考え方だと言えるのではないでしょうか。

この疑問を持っている人間は少ないと言えますが、その事実を知っていながらも知らないフリをしている人がたくさんいると言うことです。

車は便利だと思いますが、ネットに繋がるとか、スピードが出るとか、危険な方向に持って行かないで、作るのであればもっと安全な車を作って欲しいなと思います。

ぶるからない車、スピードが緩やかな車、車間距離が一定以上縮まらない車、安全で事故がなければもっと国も企業も儲かるようになると確信しています。

苦手意識を克服したい

最近、人の前で歌を歌わなくなりました。それにはある理由があります。

前から歌うことは苦手でしたが、人の前で歌う事には抵抗はありませんでした。

そんな私をカラオケ嫌いにした切っ掛けは、知り合いに仲の良い、ミュージシャンがいます。

ある日、その人たちとカラオケに出掛けました。人数は私含め12人程度だったと思います。

その場で、そのミュージシャンが自分らの曲をカラオケで採点して戦おうという話しになりました。

2人で1チームに別れ、1人が1コーラス目を、1人が2コーラス目に分かれ戦いました。

ですが、その曲は知ってはいるけどメロディは知らないに等しい曲でした。

他の人が歌っているのを必死に聴いて覚えようとしても曲が頭に入ってきません。

「どうしよう」「やばい」「逃げたい」きっと、こんな感情だったと思います。

そして、トイレに行って隠れようと思いトイレの個室に隠れていました。

ですが、10~20分位した時、「(名前)!何してんだ!!皆待ってるぞー!!」と言う、最悪な状況に陥りました。

最初は無言を貫いていましたが、それが逆に私だと気付かせてしまったようで逃げ場はもうありませんでした。

泣く泣くカラオケルームに戻り、私の番です。

AメロBメロCメロ、サビも、どんなメロディか解らなく腹から声が出なくて、一緒に戦ってくれた人に迷惑をかけてしまいました。

そのミュージシャンには「お前、この曲知らないのかよ!」と笑われ揶揄され、私は半泣きです。

そして採点の方は、本人が歌った時の採点は96点か98点。私達が歌った時の採点は63点か65点程度。

一番最下位になりました。

最初に決められた通りに最下位にチームは全員にジュースを奢るというのが罰ゲームでした。

一緒に組んでくれた人にも迷惑をかけ、私も歌に対する自信が皆無になりました。

その結果、人の前で歌うのが嫌いになり苦手になり心が折れ曲がってしまいました。

精神的に重症です。今度、地元の友だちとカラオケの心のリハビリに行こうと思います。

リアルタイム検索の便利さ

スマホを持ってもしばらくは利用をしていなかったコミュニケーションツール。

ちょっとしたことがきっかけで少しずつ始めてみたものの、特に誰かとコミュニケーションを取るわけではなく、時々呟いたり、懸賞応募に利用してみたりしている。

気になっているタレントさんやペットなどの情報源として、フォローしてみたり、フォローされてみたり、そんな使い方をしているわけですが、結構便利なものだなと最近思っています。

例えば、電車の遅延とかも検索をかければ、乗車している人や駅にいる人などが遅れている様子の呟きをリアルタイムに確認することが出来ますし、自然災害でもその地区がどんな様子なのかを確認することも可能。

多くの人が利用しているツールだからこそ、様々な情報をすぐに得る事が出来るので、とても便利なものだなって思っています。

またテレビやラジオなどの呟きも確認出来て、自分と同じ気持ちなんだなとか、こんなこと思っているんだなとか、色んな人の感想も知ることができるし、共感することもできるのは結構面白いものです。

もちろん、気になっているタレントさんの呟きを見るのも楽しかったりもするし、写真とか載せてくれていると嬉しさもアップします。

それだけでなく、全く知らない人がアップしたペットの写真を見るのも癒されますし、世界の絶景とかも見れたりするので、色んな情報や写真などを見て感じることができるのは、良いものだなって思いました。

初めは、そういったツールは利用しないなんて思っていたけれど、ちょっとした暇つぶしにもなるし、最近では懸賞の応募にも利用できるので、利用し始めて良かったと今では思っています。

ただ、私は秘密主義者なので、リアルの友人には利用していることは伝えていません。メアドも別メアドで登録しているので検索もかけられることもないので、マイペースにのほほんと呟くことが出来ています。

時には愚痴とか悩みとかもどこかに呟きたい時もありますからね。そういった時にも、ちょこっと呟けると、なんとなく心が楽になる気もします。

誰かと必ずしも繋がっていなければならないものでもないので、気軽な気持ちで始めてみるのもアリだと思いますよ。

娘の行動を疑っていると気づいたとき

私の2歳になった娘の話です。

本当にイタズラ好きで目を離すと本当にとんでもないことをやらかしてくれているときがあります。

トイレにおいている娘用の踏み台があるのですが、それをこっそり持ち出し台所にやってきて、自分の背よりも高いところにあるものを取ったりするんです。

それが小麦粉だったり砂糖や塩だったりします。

手にとって何かを確かめるくらいならまだマシなほうで、その袋を破って中身を全てぶちまけるなんてこともよくあります。

理由はわからないのですが、とにかく台所が大好きで私の目を盗んでは何かイタズラするのが習慣化しています。

最近では、何か自分が悪いことをやっているという意識があるのか、私に隠れて何かをしようとする時には部屋の扉を閉めたりして何かを実行に移しています。

そんなときに私が突然扉を開くと叫び声をあげて逃げ出したりすることもよくあります。

先日あることが起こりました。

娘が何かを持ってトイレにこっそり入っていったのを見かけたんです。

私はてっきり娘がトイレでまたイタズラをするのかと思って娘を追いかけました。

そして、後ろから突然、何してるの?と声をかけると娘は一瞬びくっとしたのですが、よく見るとトイレにあるゴミ箱にゴミを捨てていたんです。

なんでいつもイタズラだと思ってしまうんでしょう。

いつも疑ってかかっているんです。

もちろん娘のイタズラの回数が多すぎてまたイタズラか、と思ってしまうのは仕方がないことです。

それでも娘が何か良いことをしているタイミングでちょっとした攻め口調になって何かを聞いてしまう自分が少し恥ずかしくも思えます。

そのほかにも今まで自分でトイレに行くことがなかった娘が何も言わずにトイレに行って自分で用を足していたときに私はそうとは思わず、少しキツイ口調で何してるの?と言ってしまったことがあります。

どうしても何か悪いことをしていると私の頭が思い込んでいるんです。

そしてその娘の成長の現場を見たときに本当に嬉しくなるんですが、それと同時に自分が恥ずかしくなってしまいます。

もう少し娘を信じて見守る必要がある私です。

私はヒゲがコンプレックスでヒゲ脱毛に通っていますが、大抵の場合ヒゲ脱毛の後にはサーカスを見に行っています。